任意整理するとどんなリスクがあるの?

任意整理とは債務整理の一つで、抱えている債務を減額してもらうための手段です。任意整理の場合、他の債務整理方法である個人再生や自己破産と違い、裁判所を通さずに弁護士や司法書士が直接業者と話し合いを行う方法になります。
もし話し合いが上手くいけば、元本を除く金利部分を大幅に減らすことが出来るため、抱えている債務の返済が非常に楽になります。

 

しかし任意整理を行うためにはそれ相応のリスクを覚悟しなければいけません。まず一つ目は、必ずしも減額されると言うわけではないと言う事です。裁判所を通さず話し合いを行うため、法的拘束力が弱いと言う欠点もあり、業者側が減額に応じなければ債務が減ると言うことはありません。近年では話し合いを拒否する業者も増えているため、任意整理を行っても何ら状況が改善しないということもあるようです。

 

次に考えられるリスクは、任意整理を行った場合には他の債務整理同様、その情報は金融事故情報として信用情報機関に記載されてしまうため、ブラックリスト扱いとなってしまうと言う事です。ブラックリストになってしまうと最低でも5年間は新たなローンの利用が出来なくなりますから、車の買い替えなどでローンを組むことも出来なくなります。
そして最大のリスクは、減額されても返済する義務は残ると言う事です。任意整理が出来たから債務が無くなるわけではないですし、減額され残った債務を3年程度で返済する義務が生じてきます。ですから任意整理を行ったからといって生活が楽になるかといえば、必ずしもそうとは言い切れません。返済できるだけの収入が確保できないと、任意整理を行う意味が無いと言えるかもしれません。