債務整理後の車ローンが通らなかったら消費者金融もダメ?

自動車ローンが通らなかったら、カードローンの審査にも落ちてしまうと思れるかもしれませんが、一般にはカードローンの審査の方が通りやすいと考えられます。実際、自動車ローンの審査に通らなかったので、カードローンで自動車を購入する、というケースも多くなっています。

 

 

<自動車ローンとカードローンの違いについて>
自動車ローンの特徴は、購入する自動車を担保にお金を借りることです。つまり、自動車ローンの審査では、申込者の年収や勤続年数だけでなく、購入する自動車の担保価値も評価の対象となります。そのため、購入する自動車が担保価値の低い中古車であったり、市場価値の低い不人気車の場合は、審査基準が必然的に厳しくなります。また、一般に自動車ローンの方が金利が低く設定されていますので、その分だけ審査基準も厳しくなっていると考えられます。これに対して、カードローンの方は少額のお金を無担保で融資することを目的に提供されていますので、金利がやや高めに設定されているものの、多くの人が利用できるように考えられています。そのため、自動車ローンの審査に落ちてしまい、どうしても自動車を購入しなければならないときは、カードローンで自動車を購入することがすすめられるのです。

 

 

<消費者金融と銀行カードローンの違いについて>
消費者金融ならお金を借りやすい、と思われるかもしれませんが、これは、アルバイトやパートなどの収入があるケースについてです。消費者金融は、貸金業法の「年収の3分の1までしか貸してはいけない」という総量規制の適用を受けますので、専業主婦や無職の方の申込はできません。その場合は、バンクイックや新生銀行レイクといった銀行カードローンに申し込むようにしないといけません。キャッシングの審査では、債務整理をしたかどうかではなく、現在の返済能力について見られますので、まずは、カードローンの審査を受けてみることをおすすめします。