債務整理完済後なら借入はできる?

債務整理で減額された借金を完済した場合、自己破産による債務整理の場合と比べると、より信頼してもらえる環境が整っているといえます。債務整理には、自己破産の他、任意整理・特定調停・個人再生とありますが、自己破産以外は、返済が必要な手続きです。自己破産以外の返済を伴う債務整理をし、約束どおり完済できたのであれば、それは、1つの実績として評価される可能性があります。

 

 

<キャッシングの審査は""返済能力""の確認>
キャッシングの審査で評価されるのは、「約束どおり返済してくれるのか?」という点だけです。

 

カードローン会社は、申込者が約束どおり返済できるかどうかを知るために、
 ・現在の年収
 ・過去の事故情報
 ・勤続年数
などについて確認します。

 

たしかに過去に債務整理をしたことが分かった場合は、マイナスの評価が付く可能性がありますが、一方で、減額された借金を完済しているなら「大丈夫じゃない?」と評価されることも考えられます。
実際にキャッシングの申込をしてみないことには、カードが作れるかどうかは分かりませんが、申込みにチャレンジしてみる価値はあると言えるでしょう。
実際にカードの発行に成功している人も多くいますので、まずは、キャッシングの審査に挑んでみてはいかがでしょうか。

 

 

<まずは、キャッシングの審査にチャレンジ!>
債務整理をしたからといって、必ずしも融資してもらえないものではありませんので、どうしてもカードを作りたい場合は審査にチャレンジしてみることができます。
注意するべき点は、現在、無職や専業主婦であるなら、バンクイックやレイクなどの銀行カードローンに申し込むことです。
申込み基準を満たしていない場合は、債務整理をしたかどうかに関係なく、審査に落とされてしまうからです。

 

申込みに必要な書類は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類だけです。
プロミスやバンクイックなどの公式サイトから簡単に手続きが完了しますので、まずは、公式サイトにアクセスしてみてください。