債務整理をしたことがある人について

過去に債務整理をしたことがある人が、借り入れを希望している場合、申込み前にいくつかのポイントを確認する必要があります。債務整理後にキャッシングの申込みをし、審査不合格となるかどうかを確認する方法について説明します。


<債務整理と借り入れの関係とは?>債務整理は、裁判上の手続きである「個人再生」「特定調停」「自己破産」の3つの手続と、裁判外の任意の交渉である「任意整理」のことをいいます。基本的に返済が困難(不能)となってしまった借金を「返済可能な借金」にしたり、「返済を免除してもらう」手続きのことをいいます。この債務整理をすると、一定期間は新たな借り入れをすることができなくなり、「いつから借入れできるようになるのか?」と気にするケースも多くなります。

<過払い請求は、債務整理?>また、過払い金の返還請求についても、一時期、債務整理と同じ扱いがされていました。過払いは、利息制限法の制限利率を超える金利で返済を続けたときに、法律上の借金の残高がマイナスとなった状態をいいます。そして、弁護士や認定司法書士に依頼し、マイナスとなった金額の分だけ返還請求をする手続きが過払い請求です。この過払い請求は、現在、債務整理として扱われないこととなっていますので、過払い請求をして債務整理をしていない人は、何の問題もなく借り入れができることになります。しかし、債務整理・過払い請求に共通していえることですが、手続をした業者に申込みをしても、通常、審査で落とされてしまう、ということです。ローン会社の社内のデータと照合され、債務整理の事実や過払い請求の事実が確認できるからです。

<5年経過すれば事故情報は消える>もし、債務整理後に借り入れをするのであれば、手続が完了してから5年ほど経過するのを待って申し込むようにしてください。信用情報機関のデータは、通常、5年程度で債務整理の事故情報を消去しますので、消去されてから借入れを行うようにします。