債務整理後はいつから借りれるか?

債務の額が大きくなりすぎてしまい生活が出来ないような状態に陥った場合、それを解消することが出来るのは債務整理だけだと言われています。債務整理を行えば、抱えている債務を減らしたり、完全に無しにすることも可能ですが、それには大きなデメリットが伴うと言う事を知る必要があります。

債務整理にも段階があり、任意整理、民事再生、自己破産とその段階が上がっていきます。任意整理と民事再生は借金の減額が出来、自己破産は借金を無しにすることが可能です。債務整理を行った場合、どの方法を用いたとしても必ず情報信用機関にその情報が記載され、俗にいうブラックリストに載るという状態になります。
ブラックリストに載った場合、ローンと名のつくものは全て利用できなくなります。利用できなくなる期間は5年間と決められていますから、その間に債務を全て返済したとしてもすぐには新たなローンの利用はできません。自己破産に関してはさらに期間が長くなる場合があり、5〜10年間はローンの利用が出来ない可能性があります。ただし債務整理後の生活状態や収入の如何では、5年経っていない場合でもお金を借りることが出来る場合があるようですから、100%5年間は無理と言うわけでもないようです。