債務整理後の専業主婦でも銀行ローンは組めますか?

過去に債務整理をしたことがある専業主婦は、カードローンの申し込みができないと考えているかもしれません。改正貸金業法の施行により「総量規制」が開始されましたが、そのことで一層不安に感じている専業主婦が多くなっているのかもしれません。ここでは、債務整理後の専業主婦がローンに申し込む場合の注意点についてまとめておきます。

 

 

<債務整理をしたかどうかは申込みに関係ない!>
一般にローンの申し込み審査では、現在の返済能力について評価をするものです。過去に債務整理をしたことが業者に分かった場合、一定のマイナス評価を受ける可能性はありますが、だからといってローンが組めないことにはなりません。実際、過去に債務整理をしたことがある専業主婦が借入に成功しているケースもありますので、最後まであきらめずに審査に挑んでほしいと思います。

 

 

<消費者金融からの借り入れは不可能!>
ここで注意しておきたいのは、「専業主婦は消費者金融からは借りられない」ということです。消費者金融は、貸金業法という法律の規制を受けますが、2010年からは「利用者の年収の3分の1を超える貸付をしてはならない」という総量規制がスタートしています。そのため、現金収入のない専業主婦の場合は、貸金業法の適用を受ける消費者金融からは借りられませんので、バンクイックや新生銀行レイクなどの銀行カードローンに申し込む必要があります。銀行カードローンの方が審査が厳しそう、という印象があるかもしれませんが、多くの専業主婦が利用しているものですので、まずは審査を受けてみると良いでしょう。

 

 

<銀行カードローンの申込みに必要なものは?>
銀行カードローンの申込に必要になるものは、「運転免許証」などの本人確認ができるための書類だけです。印鑑や住民票、保証人なども必要ありませんので、気軽に申し込めるようになっています。バンクイックやレイクの公式サイトにアクセスし、申込手続きについて確認してみると良いでしょう。