債務整理後にローン通った人はいますか?

債務整理をしたらローンの審査に通らない、と思われるかもしれませんが、カードローンなどの審査は、あくまでも審査の担当者が行うものです。そして、どのカードローン会社でも「少しでも多くの人に利用してほしい」と考えるのは、経済活動を行う企業として当然のことです。債務整理をした後にカードローンを利用している人も多くいますので、審査を受けてみるまでは、利用できるかどうかは分からないことになります。

 

 

<債務整理をすると審査が厳しくなる理由は?>
債務整理をしたことで審査にとおりにくくなるのは、信用情報機関にその事実が登録されているからです。5年から7年、あるいは、10年程度は借金できないと説明される場合がありますが、株式会社日本信用情報機構並びに株式会社シーアイシーでは、債務整理が会った日から「5年を超えない期間」で情報を削除するとしています。つまり、債務整理をしてから5年以上経過していれば、カードローン会社は、あなたが債務整理をしたかどうかは把握できなくなるのです。債務整理から5年経過していない場合でも利用が認められるケースが多くありますので、まずは、審査を受けてみることが必要になります。

 

 

<カードローンの審査で評価されるのは""返済能力"">
カードローンの審査で評価されるのは、現在の返済能力についてだけです。約束どおりキャッシングしたお金を返済してくれるなら、いくらでもお金を貸したい、と思っているのがキャッシング会社です。過去に債務整理をしたことがあるかどうかよりも、安定した職業に就いているのか、自由に使えるお金はいくらくらいあるのか、などが評価に大きな影響を与えます。債務整理後にローン審査にとおったケースは多くありますので、まずは、審査を受けてみることが必要です。キャッシングの申込は、インターネットからすることができ、誰にも知られることなくカード発行ができます。プロミスやバンクイックなどの安心して利用できる業者に申し込んでみてはいかがでしょうか。