過去に任意整理した人のカードローンの審査にパスする方法

任意整理とは弁護士などに頼んで金融業者と話し合いを行い、債務を軽減してもらう方法ですが、この任意整理を行った場合には必ず信用情報機関にその情報が記載されることになります。するとどうなるかというと、信用情報が傷ついた状態、いわゆるブラックと呼ばれる状態になります。任意整理の場合、債務を軽減してもらい残りの債務を返済する必要がありますから、返済している期間はもちろんのこと、最低5年間は新たなローンの利用が出来ない状態になります。

 

では任意整理を行ってカードローンを新たに利用する方法は無いのかといえば、任意整理後5年を経過していればカードローンの利用が可能になる場合が多いと言えます。5年経てば任意整理を行ったと言う情報が消えるため、利用が可能になる確率が高くなります。しかしそれは債務を完済しているということが必須条件のため、まだ債務が残っている場合には利用は不可能だと言えるでしょう。
5年以内に債務を返済した場合でも、事故情報は消えることがありません。しかし債務を完済したという証明を行えば、場合によっては事故情報が有る場合でもカードローンの利用が可能になる場合があるようです。もちろん仕事をしていて収入が安定していることが条件となりますし、100%申し込みOKとなるとは言い切れませんから、確実にカードローンの利用を行いたい場合には、5年経過して事故情報が消えた後のほうが良いのではないでしょうか。