任意整理で完済した!もう一度カードローンでキャッシングするには?

任意整理とは、弁護士や司法書士に依頼してお金を借りていた金融業者と話し合いを行い、借金を減額してもらう方法です。
もちろん減額してもらうだけなので借金がゼロになると言うわけではなく、きちんと残っている借金を返済していく必要があります。
任意整理を行って無事に残っていた借金を完済できた場合、もう一度カードローンの利用は可能になるのでしょうか。


任意整理を行う事により借金の減額は可能になる場合が多いのですが、その代わりにその情報は信用情報機関へ必ず記載され、最低でも5年間はその整理情報は消えることはありません。しかも債務整理を行う事はブラックリストと呼ばれる事故情報として扱われるため、その間は新たなカードローンの利用は出来なくなります。
要するに任意整理を行う事で5年間はローンが利用できなくなると言うわけです。仮に他の業者へカードローンを申し込んだとしても、審査の段階で必ず信用情報を確認しますから、事故があったことはすぐに分かることになるため業者が違っていても関係なく、カードローンは契約できません。
もし任意整理後にカードローンを利用したい場合には、最低5年間の期間を開けることで新たな利用が可能になるでしょう。この方法がもっとも確実な方法だと言えます。
もしも5年以内に利用をしたい場合には、完済したことを証明できる書類を用意して現在安定した収入があると言う事を申し込んだ業者にアピールすれば、業者の判断によっては5年経っていない場合でも利用できる場合もあるようです。しかしこの場合は100%利用できる保証はありませんし、もし審査でNGになってしまった場合にはその情報も信用情報に残ってしまうため、あまりお勧め出来る方法とは言えないでしょう。