カードローンを任意整理すると借金は減るの?

お金の借り過ぎで債務が膨らんだ場合、任意整理という方法で借金を減らすことが出来ます。
任意整理とは裁判所を通さずに弁護士や司法書士と業者が話し合いを行い、元本を除く利子の部分を減額してもらう方法となります。

 

カードローンで任意整理を使用した場合、業者との話し合いが上手くいけば債務が大幅に減額されることになりますし、任意整理は個々の業者ごとに個別に行う事が可能なので、このカードローンだけ任意整理を行うといったことも可能となります。

 

しかし任意整理には大きなデメリットが存在しており、裁判所を通さずに話し合いを行いますから法的拘束力が弱く、業者が話し合いに応じない場合には一切借金の減額が行われません。
個人再生や自己破産などは裁判所を通じて行う整理なので、確実に借金を減らすことが可能なわけですが、任意整理に関しては確実に借金が減るとは言い難いのが実情です。

 

現在任意整理に応じない業者も増えているようですから、確実に借金を減らしたいのであれば個人再生を利用した方が良いと言えます。
それと任意整理を行った時点で信用情報にその情報が記載されますから、5年間は新たなローンの利用が出来なくなるブラックリスト扱いになることは了承する必要があります。
他のカードローンを利用していた場合には、そのカードローンも利用できなくなるのでその点は注意した方が良いでしょう。