債務整理後に借金ってできるのでしょうか?

「債務整理をしたら二度と借金ができない」と考えている人がいますが、キャッシングの申し込み審査は、受けてみないと分からないものです。過去に債務整理をしたことがあり、それでもカードローンの申込に成功している人が多くいるのが現状です。債務整理をしたからといって、キャッシングの申込をあきらめてしまう必要は、まったくないといって良いでしょう。

 

 

<キャッシングの申込基準に債務整理は関係ない!>
申込み時に受ける審査基準は、業者ごとの独自の基準があり、一般に公開されているものではありません。つまり、「債務整理をしたら融資をしてもらえない」というのは、業者以外の第三者による「推測」による主張に過ぎないからです。さらに、カードローン会社の公式サイトに「申込み基準」というものが必ずありますが、現在の収入や年齢について説明があっても、債務整理について触れられていることはありません。したがって、過去に債務整理をしたかどうかを気にすることなく、誰でも気軽に申し込めるようになっていると考えられます。

 

 

<まずは、キャッシング審査にチャレンジ!>
カードローンの申し込みに成功すれば、好きなときに必要に応じて融資をしてもらえます。給料日前に少しだけ借入をしたり、まとまった支出が必要なときに分割で購入することもできるようになります。カードローンの申込みをする場合の注意点は、「申込み基準」を自分が満たしているかどうかです。安定した収入があることが条件にあるなら、専業主婦や無職の方は申し込めません。その場合は、バンクイックやレイクなどの収入を要件にあげていない業者に申し込みます。逆にアルバイトやパートなどをしているのであれば、人気のあるプロミスやアコムなどにも申し込むことができます。高額な希望を出さない限り、運転免許証や健康保険証があれば申し込めますので、一度、審査にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。プロミスやバンクイックなどの公式サイトにアクセスし、申込み方法について確認してみてください。