債務整理後の融資はいつから可能なの?

債務整理をしたら5年から10年は融資してもらえないと思れるかもしれませんが、必ずしも融資が不可能なわけではありません。実際に債務整理後にキャッシングの審査に通過している人も多くいますが、審査に通る人と通らない人の違いは申込み基準を満たしているかどうかによります。申込み基準に「安定した収入があること」としているプロミスやアコムなどに無職の方が申し込めば、債務整理をしたかどうかに関係なく審査に落ちてしまいます。逆に、専業主婦や無職の申込を認めているバンクイックなら、仕事をしていなくても申込みが可能です。どのカードローンでも同じことですが、過去に債務整理をしたかどうかについては、説明されていません。

 

 

<キャッシングの審査基準は非公開>
消費者金融や銀行カードローンは、独自の審査基準があり、一般にそれは公開されているものではありません。そして、債務整理をしたことがある人で、審査に通る人と通らない人がいるのは、あくまでも「現在の返済能力」について評価されているからだと推測できます。日本信用情報機構や株式会社シーアイシーに債務整理の情報が残っている場合にマイナスの要素となることがあるかもしれませんが、絶対にカードが作れない、というものではありません。そのため、どうしてもお金が必要になったら、過去に債務整理をしたかどうかに関係なく、一度、審査にチャレンジしてみることがすすめられるのです。

 

 

<審査に通っている人も多いので・・・>
もしどうしてもお金が必要であれば、債務整理後であってもキャッシングの審査に申し込むことができます。プロミスやバンクイックなどのカードに人気がありますが、申込み基準だけは満たしていることが必要です。仕事をしているならプロミスの申込も可能ですが、そうでない場合は、本人の収入を要件としないバンクイックに申し込むと良いでしょう。運転免許証などの本人確認書類があれば申し込めますので、まずは、審査にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。