債務整理後の借り入れの注意点

融資が必要な状態なのに、 「過去に任意整理などの債務整理をしたので、審査に自信がない・・・」とキャッシングできないでいる人がいます。キャッシング・サービスを提供する会社には、消費者金融や銀行がありますが、「年収のない方」の申込みを拒むことはあっても、債務整理後かどうか?について問題にしていることはありません。信用情報機関に履歴として残されていると、一定の影響を受けることがありますが、ローンの申込みが必要なら、積極的にチャレンジしてみることをお勧めします。

 

 

■債務整理後は、正直な態度が成功の秘訣!
債務整理後のカードローンの申し込みでは、「正直な態度」が何よりも重要になります。
カードローンの申込審査で申告する、

 

 ・他社借入の状況(金額・件数)
 ・勤続年数
 ・年収

 

などは、ありのままを伝えるようにしてください。
審査項目の中には、申告した情報の正確性を確認できないものもありますが、簡単に嘘がバレてしまうものもありますので、注意が必要になります。
過去の履歴も影響することがあるかもしれませんが、「一定の年収」があれば、プロミスなどの申込みもできるはずです。

 

 

■収入があるなら消費者金融「プロミス」
アルバイトやパート収入があるなら、消費者金融のプロミスがおすすめです。ただし、債務整理後かどうかに関係なく、総量規制の影響がありますので「希望額」をいくらにするかは、慎重に決めてください。月に5〜6万円のバイト収入なら、20万円〜24万円が法律上の上限になりますので、それを超えないように希望額を決定します。また、債務整理後のキャッシングになりますので、「少しでも多くの限度額を・・・」と考えるのは良くありません。必要最小限の金額を希望し、カード発行を受けることを最優先にしなければなりません。プロミスの申込みなら、50万円以下の希望額なら「運転免許証」だけで申込めるのがほとんどです。運転免許証の用意をし、プロミスの申込画面に進んでみてください。