債務整理後5年以内でもキャッシングできますか?

債務整理をしてから5年間は借金ができないと考えるかもしれませんが、債務整理から5年未満でもカードを作れるケースがあります。キャッシングの審査は、あくまでも業者ごとの審査基準に基づいて行われるもので、その基準は外部に公表されていません。つまり、債務整理後のキャッシングの申し込み審査は、審査担当者あるいは権限のある支店長クラスの裁量によって決まるものです。そのため、現在の返済能力について「問題なし」と評価されれば、カード発行が実現することもあるのです。

 

 

<債務整理から5年と言われるのは?>
債務整理をしてから5年たっていない場合でも、キャッシングの審査にチャレンジすることはいつでもできます。一般に「債務整理から5年はカードが作りにくい」と言われますが、これは、信用情報機関に登録されている事故情報が残ることが原因です。私たちがローンを組んで商品を購入したりキャッシングしたときに、延滞してしまったり、場合によっては債務整理が必要になることがあります。そのような情報は、一定期間、株式会社日本信用情報機構、あるいは株式会社シーアイシーといった信用情報機関のデータベースに登録されます。キャッシングの申込み審査では、信用情報機関のデータも参考にしますので、一定のマイナス評価を受ける可能性がある、ということです。

 

 

<キャッシングの審査は受けてみないと分からない!>
しかし、信用情報機関に悪い情報が残っているからといって、必ず審査に落とされる、というものではありません。実際に何度かキャッシング審査にチャレンジし、債務整理から2〜3年のうちにキャッシングに成功した事例もありますので、あきらめてしまう必要はありません。短期間のうちに何度も申込みをするのは良くありませんが、お金が必要であるにもかかわらず、不安だから申し込めないでいるなら、一度思い切って申し込んでみてはいかがでしょうか。申込みに必要になるのは、運転免許証などの本人確認書類だけですので、プロミスやバンクイックなどに申し込んでみることをおすすめします。